占い好きのための当たる占いとは?

みなさんは占いは好きですか?
このブログをみてくださっているのだからきっと占いに興味はあるのだとおもいます。
現在、日本にはたくさんの占いが存在します。
何かに悩んだ時、占いで解決したいと思っても種類がたくさんありすぎてわからないですよね。
今回は、占いの種類や方法について紹介したいと思います。

占いの種類

占いの種類は大きく分けて4つあります。

■命占
命(めい)は、生年月日や星の動きなど、変わることのない確かなものから占います。
変わることがないものから占うので、結果も変わることはありません。
先天的な性格や、才能、運命などについて知ることができます。
命占で占う方法はおおまかに4つあります。
四柱推命、星座占い、動物占い、数秘術です。

四柱推命は、古代中国から伝わる占いです。
「陰陽思想」と「五行説」から判断するものです。
生年月日を4つの柱に置き換えて、どのような要素になっているかを軸に占います。
数ある占いの中でも、当たる占いとしての定評があります。

星座占いは、占星術を簡略化したものです。
生年月日や時間、星の動きから判断します。
年や月、日単位での運勢や生き方、先天的な才能を占うことができます。
12星座は有名ですよね。

動物占いは、生年月日から12種類の動物に置き換えて判断する方法です。
統計学に基づいているもので、キャラクター化された動物が親しまれています。
サイトで簡単に見ることができ、有料版になればすべての動物との相性も見ることができます。

数秘術は、数を使った占いです。誕生日から運命数を割り出し、その数字をもとに占います。
生まれ持った性質や才能、運命がわかります。

■卜占
卜(ぼく)は、運やタイミングによって判断される占いです。
タイミングが重要で、占ったときのその答えに意味があるとされる考え方です。
卜の根底の価値感には、「物事は偶然ではなくすべて必然だ」というものがあります。
人の気持ちや考えなど、変わっていくものを判断するのに適しています。
自分の気持ちや行動によって結果が左右されるようなことを占うのに、向いています。
卜には、おみくじ、タロットなどの占いがあります。

おみくじは新年、神社でひく占いです。
紙に書いてあるメッセージをひくものです。
確かな情報から割り出す、というよりかはその時のタイミングよって結果が変わります。
その時の状態や気持ちを占うのに適しています。

タロットは、絵柄の描かれたカードを引いたり並べたりして占う方法です。
主に22枚のカードから占います。
これもタイミングにより結果が変わります。
その時に引いたものに意味を見出していく考え方のものです。
その時の状態や気持ちなど、移り変わるものを占うのに適しています。

■相占
相(そう)は、手相や名前、家具の配置など、見て分かるものから判断する占いです。
これから移り変わる可能性があるけど、今は確かなことから占います。
命と卜の両方の要素を持っています。
現在の状態や、これからどう変えていけばいいかなどを占うのに向いています。
相の中には、風水、手相、姓名判断、人相などがあります。

風水は、「気」の力に着目した占いです。
家具の配置や、身に付けるものの色、行動などにより判断する占いです。
どちらかというと、運気をあげていく方法を示していくようなものです。
生まれもった運はなかなか変えることができません。
それをよりよい方向に変えるために、風水を利用する人もいます。

手相は、手のしわを見てその人の人生や運勢について判断する占いです。
手相はすぐには変わりません。しかし将来には変わる可能性も十分秘めています。
その時の行動や状況、その時点からの未来を判断するのに適しています。

姓名判断は、その名の通り、名前をもとに占います
名前は簡単には変えられません。
その字に込められた意味を読み解き、その人の性格などを導きます。

人相は、その人の顔の印象から性格などを判断します。
考えていることや性格は、顔に出るという考え方もあります。
いつも笑顔な人はなんだか陽気な印象がありますよね。
人相も、気をつけて少し変えるだけで運勢が変わることもあります。

■霊占
霊(れい)は、霊的な力を元に判断する占いです。
占い師によって力や正確さは違いますが、霊的な力を持つ占い師の的中率は高いことが多いです。誰でも学ぶことのできる他の占いと違って、霊はその占い師の能力に左右されます。
また、霊の扱いも難しく、きちんとコントロールできていない占い師がいることがあります。
霊を扱いきれていない場合、相談しても悪い気をもらうことがあるので注意しなければなりません。
卜の占いと組み合わせて行われることもあります。
霊には、霊感タロットや霊媒などがあります。

霊感タロットは、卜の占いと組み合わされて使われる占いです。
霊的な力を持つ占い師がタロットカードを使用しながら占うことで、より的中率が高くなります。タロットカード占いのやり方は同じ場合がほとんどです。

霊媒は、その人の守護霊を呼び出して占い師を通して見ることができます。
これも能力は占い師により、力の強さもさまざまです。

このように基本とする占いの方法がさらに細分化して多種の占いが存在しています。もちろん現役占い師である私自身も得意な占術がありますが、現存している全部の占いについて熟知しているわけではありません。
さらに色んな占いを詳しく紹介しているサイトをみつけました。
こちらも参考にされてみるといいかもしれません。

まとめ

占いには様々な種類があり、方法も違います。
それぞれの占いには得意不得意があるので、自分の悩みや知りたいことに合わせて占いを選ぶと良いでしょう。
占いをしてもらう方法はいくつかあります。

サイトを見たり、直接占い師に会いに行ったりすることもできますが、電話占いだと手軽に確実にできます。

悩みに合わせて好きな占い師を選び相談できるのが魅力的ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。