タロットカード占いの本当の力とは?

みなさんは、「タロットカード」をご存知ですか?
「名前は聞いたことがあるけどよく知らない」という方も多いかもしれません。
今回は、そんな不思議なタロットカードの本当の力について、お話していきたいと思います。

タロットカード占いとは?

タロットカード占いとは、さまざまな絵柄が書かれたカードを引いたり並べたりして占う方法です。タロットカードには全部で78枚のカードがあります。
22枚の「大アルカナカード」と56枚の「小アルカナカード」です。
一般的にはこのうち、ほとんどが「大アルカナカード」のみを使います。

タロットカードはそれぞれ違う意味を持ち、出たカードの絵柄や場所、向きなどから意味を読み解いていきます。

その時の悩みや、過去、現在、未来について、カードを見ながら解釈をしていくというものです。タロットカードは古くからありますが、起源は詳しくは解明されていません。

有力なのは、19世紀にフランスの占い師によってタロットカードについての本が出版され、そこから本格的に広まった、という説です。
昔は、占いだけでなく、現代でいうトランプのようにゲームとしても使われていたと考えられています。
しかし日本では、タロットカードは占いのみで使うの一般的です。

タロットカードの選び方

タロットカードの本場は北イタリアです。
しかし、もともと古くから存在していることと、今や全世界で使われていることでカードの種類は膨大にあります。

意味はだいたい同じですが、絵柄や細かい表現が違ったりします。
そんな中、どのようにタロットカードを選べばいいのかわからなくなりますよね。

1つ簡単な方法があります。
それは、絵柄やカードの雰囲気で直感で選ぶというものです。
タロットカードは、自分の中にある直感や感覚を呼び起こすようなものです。
嫌いな絵柄だったり、嫌だと思いながら引いても、当たる可能性は低くなります。
じっくり自分と向き合い、心を落ち着けてカードを引くためにも、好きな絵柄のものを選ぶのが一番です。

タロットカードを信頼すること、信頼できるカードを選ぶことが、重要になってきます。

オラクルカードやエンジェルカード

タロットカードから派生し、今あるもので、「オラクルタロットカード」「エンジェルタロットカード」というものがあります。

「タロットカードは難しすぎてよくわからない」
「ネガティブな意味のカードがでたら落ち込んでしまう」というような人に人気のカードです。

タロットカードは、現実を真摯に教えてくれるようなものですが、オラクルカードやエンジェルカードは、ポジティブな言葉で希望を持たせてくれるようなものです。
もちろん意味が変わるというわけではありません。
物事にはポジティブな面とマイナスな面があるように、同じ意味でも伝え方によって印象が変わります。
元気を出したい時や、癒されたい時などに有効なカードです。

■オラクルタロットカード■
オラクルタロットカードは、40枚ほどのポジティブなメッセージが書かれたカードです。
「オラクル」とは「神託」を意味します。
神様からのメッセージを受け取ることができるカードです。
ですので、良いことも悪いことも書いてありますが、それは全て愛から来ています。
私たちを思ってのメッセージが書かれてあるので、不思議と元気になるのです。

■エンジェルカード■
エンジェルカードは、自分の中にある高次元なものと繋がることができるカードです。
数はまちまちですが40枚ほどのものが多く、その時の状態や過去や未来の状況などについて、メッセージが書かれています。
どちらかというとタロットカードというよりかはメッセージカードというほうが正しいでしょう。こちらも癒されたい時、落ち着きたい時などに使うと効果的です。

他にも数え切れないほどたくさんのカードがあります。例えば、恋愛に関して占うものや、自分自身を認めてあげるもの、引き寄せに特化したものや、向いていることや才能について教えてくれるものなどがあります。
現実について、できるだけ真実に近いことを知りたい時はタロットカードを使う方が、的確な占いになります。
もやもやとした悩みや、元気や癒しを必要としている時はオラクルカードやエンジェルカードに頼ると効果的です。
複数のカードを持っていて、自分の知りたいことや悩みに合わせてカードを使い分けている人もいます。

まとめ

今回は、タロットカードについてできることなどお話ししてきました。
自分でタロットカードを使い、好きな時に占ってみるのもいいですね。
もし、「自分ではあまりわからない」「やり方を覚えるのが大変」という方は、電話占いをして見るのもいいかもしれません。

全国にいる実力のある占い師に占ってもらえますし、カードを買ったり覚える手間はありません。タロットカードは、引いたカードには何か意味が必ずある、という価値観のもと作られています。その意味の解釈は占い師によっても少し変わることもあります。

カードにしても、占い師にしても、自分に合うやり方、人を見つけるのが当たる占いをする近道ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。